本文へスキップ

人知れず薄毛治療をしたいか、思い切ってクリニックへ行くか。

薄毛の悩み

ストレスと抜け毛

薄毛の悩み 写真

脱毛症で薄毛になるのはよくある話ですが、なぜ毛が抜けてしまうのでしょうか。 それは病気みたいなもので、どこかが不健康だからというのが一般的な解釈です。 栄養不足で発毛・育毛の機能が不完全になり抜け毛が増える人もいれば、心の健康が ストレスによって脅かされ脱毛症になる人もいます。 どちらも現代人にとって人事ではない理由なのでいつ誰が薄毛になってもおかしくない、 そんな環境でみんなが生活しているのです。 嫌なことが続いてストレスが蓄積されて毛が抜け落ちる、これが一番多い原因らしい とされていますが、ちょっと薄毛が気になってきたから帽子を被る機会が増えてきた、 そしたらそのせいで頭皮に負担(ストレス)がかかってしまったようでさらに抜け毛 が加速した、という不幸な人もいます。 こうした理由で毛の残量が減ってしまったのなら、薄毛治療をするだけでなく原因 となったストレスも取り除いてやらないといつまで経っても健康な頭部に復活する ことはできないまま苦しみ続けることになってしまいます。 健康な髪の毛は健康な心と体があってこそ成立するので目先のヘアースタイルに気を 取られすぎずに、健やかな毛の成長を願うのなら健やかな心身を先に手に入れましょう。 と口で言うのは簡単ですがそれがなかなか出来ないのが現代人です。 せめて休日くらいはリラックスして過ごせるよう、充実した生活を心掛けてあまり 悩みすぎないようにするのも髪の毛の育成には大切なことだと覚えておいてください。



毛髪の構造

毛髪=頭から生えている毛というのが普通の解釈ですが、正確には毛髪とは目に見える 部分の毛だけではなく、頭皮に埋まっている毛根も含めての毛髪です。 ちなみに頭皮から上の部分は毛幹と呼ばれ、ここが見た目的にも重要なのでなんと しても元気に成長していただきたい箇所になります。 毛根の下部分は毛球でそこで毛母細胞は細胞分裂をして育っていきます。 栄養が不足するとこの細胞分裂が存分に繰り返されず不完全で不健康な毛髪が生まれて しまうので、食生活が充実していないと薄毛になりやすいといえるのです。 脂線は毛根の途中に接続されており、毛孔からは皮脂が溢れ出します。 皮脂は名前から連想される通り脂っぽい分泌物で、このおかげで毛髪はいつもツヤが あり輝いて見えるわけです。 ですがほどほどの分量以上に分泌されるとツヤを通り越して油っぽいイメージを見る 人に与えてしまいますし、本当に頭皮が油でベトベトしにもなりますし、毛穴に 詰まってよからぬことが起こってしまいます。 なのでバランスが崩れて皮脂が多量に分泌されると困ってしまいます。 少しくらいならシャンプーで念入りに洗えば大丈夫ですが、あまりにひどいと思うの なら病院で診察してもらいましょう。 皮膚炎などに発展するケースもあるので「油はそんなに身体に悪くないだろう」と 見過ごしてはいけません。 全ての構造を知っていればそれが危険なのは一目瞭然です。


ヘアサイクル

毛の成長を考察するにはヘアサイクルを理解しておかなければ話になりません。 ヘアサイクルは毛の生え変わる周期で、これが正常に活動していれば抜けては生え、 再び時期がくれば抜けて生えてを繰り返すので残りの毛の本数は大きく増減することは あんまりなく、ほぼ一定の毛髪を確保しながら「おはようさん、今日もヘアスタイル 決まってるね」と声をかけられて喜ぶ日常を送るのです。 ヘアサイクルが正常な間は抜け毛で悩むこともなく毎月の美容院通いも苦にはならず、 平日は仕事に打ち込み休日には趣味に没頭して充実した日々を何週間も何ヶ月もの間、 軽やかな足取りで永遠に続くかのような期間を駆け抜けるのですが、ヘアサイクルに 異変が起きるとやがて薄毛治療のお世話になることになります。 ヘアサイクルは3〜7年の間に成長期・退行期・休止期と以降していくのですが、 最初の成長期が立派な毛を創造する大切で皆さんが一番興味を持っている期間です。 成長期に素敵な黒髪を制作できないまま退行期に移ってしまうと、か弱い細々とした 髪の毛だらけになりすぐに抜け落ちる哀しい運命を辿ります。 つまりヘアサイクルを正常にしてやることが育毛のポイントで、成長期にきちんと 役割を果たせるように栄養面やらで手助けをしてやれば豊かな土壌で野菜が収穫できる ように、毛根からは「ワンダグル!」と叫びたくなるような太い毛が生えてくるのです。 育毛シャンプーや薄毛治療にはいろいろな手段がありますが、どの方法もヘアサイクル の状態を本来あるべき姿へ戻してやることを目指して行われるのです。



バナースペース